目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

目の構造働き:眼球

目は眼球・視神経や瞼(まぶた)・涙腺・眼筋などから成り立っています。眼球は眼窩という骨のくぼみにおさまり、眼球につながった視神経から光の情報が脳に伝えられて初めて見ているものを認識できるようになります。何らかの原因で目に異常が起きると目の充血・痛み・かゆみ・かすみ・ぼやけ、視力低下、目の痙攣(まぶたの痙攣)などの症状を伴う目の病気になります。

目(眼球・視神経)の構造と働き

目の構造
眼球・視神経の他に眼瞼(まぶた)・結膜・涙腺・眼筋などを含むのが目です。
眼球は、外側の強膜(白目の部分と角膜)・ぶとう膜・網膜と、内側の眼房水・水晶体・硝子体がからなっています。光は、角膜⇒眼房水⇒水晶体⇒硝子体の順に進み、網膜に達して像を結びます。網膜につながる視神経から大脳の視覚中枢までを視覚路(視神経の路)と呼びます。網膜が受け取った光情報が視覚路を経て視覚中枢に達して初めて視覚が生まれます。

強膜(きょうまく)
一番外側の1層目の強膜は、大部分が白目と呼ばれる部分の白色の膜ですが、強膜の前方の一部は角膜とよばれ透明になっています。角膜は眼球を保護し目に入ってきた光を屈折させる働きをします。この屈折は目の屈折力の約70%を担っています。角膜は涙や内側の房水などで代謝を行っています。

ブドウ膜(ぶどうまく)
強膜の内側にある2層目のブドウ膜は、虹彩・毛様体・脈絡膜からなっています。虹彩は茶目の部分で、その中心にある瞳孔を大きくしたり小さくしたりして眼球に入る光の量を加減します。虹彩と脈絡膜の間にある毛様体から細い繊維の毛様体小帯が水晶体に付着して水晶体を支え、毛様体にある毛様体筋で水晶体の厚さを調節してピント合わせ=眼底に像を結ぶ働きをします。黒く血管が多い脈絡膜は、瞳孔以外からの光がはいるのを防ぐとともに、眼球内に酸素や栄養を運ぶ働きをします。

網膜(もうまく)
3層目の網膜には視細胞(錐体と桿体)があって光の強さ、色、形などを識別します。眼底中心部に多い錐体(すいたい)は、明るいところで働いて色を感じますが、眼底周辺部に多い桿体(かんたい)は、暗いところでも弱い光を感じますが色は感じません。

眼房水
毛様体で作られた眼房水は後眼房(水晶体と毛様体の間)から前眼房(角膜と水晶体の間)に流れて、角膜や水晶体に栄養を供給した後に周辺血管に吸収されます。

水晶体
水晶体は両凸レンズ状の形状で透明で、血管がないので眼房水から栄養を得ます。水晶体は毛様体筋で厚さが変わり、網膜に像を写すピント合わせの働きをします。

硝子体
硝子体はゼリー状で眼球内側の殆どを占め、眼球の形状・弾性を保ち、水晶体で屈折された光を網膜に送る働きをします。

 - 目の構造と症状

PC用

PC用

  関連記事