目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

目の症状と病気:見え方

見え方の症状はいくつかありますが、片目だけに症状が現われていると意外と気がつかないことがあります。見え方に関する症状によって疑われる病気があります。

見え方の症状で分かる目の病気

徐々に物が見えにくくなって、最近視力が落ちたように感じる
中年以降で近くの物がぼやけて見えにくいなら「老眼」、目がかすんで視力も落ちたなら「白内障」の疑いが。加齢による老眼や白内障は目の老化現象です。他の病気で視力低下がおきることもありますから、病院で診察を受けて視力低下の原因をみつけることが大切です。

急に見えなくなった、急に視力が低下した
網膜中心動脈閉鎖症、急性緑内障、広範囲の眼底出血、視神経炎・視神経症の可能性があります。早急に治療をうける必要があります。網膜中心動脈閉鎖症は緊急治療を要します。

視野が狭くなったり、視野が欠ける
網膜の病気や視神経の病気の可能性があります。視野の周辺が欠けていくなら「緑内障」、視野が不規則に欠けていくなら「網膜剥離」の疑いが。脳腫瘍でも視野が欠けます。

視野の中心部が暗い感じる、ぼやけて見える
視野の中心が暗く見えにくい状態を中心暗点といいます。中心暗点があるなら、網膜の病気では黄斑変性、黄斑円孔、中心性網膜症などの疑いが。視神経の病気の視神経炎・視神経症において視神経の中心が阻害されると中心暗点が起きます。

物が歪んで見える
物が歪んで見える状態を変視症といいます。網膜の黄班部の病気の初期や後遺症として変視症が起きます。

暗所で見えにくい
暗所でよく見えないことを夜盲といいます。ビタミンA不足で起きますが、現代の日本では稀です。他に遺伝性の網膜色素変性症があります。

視野の中にゴミや虫のような黒い物が見える
飛蚊症の疑いがあります。飛蚊症には生理的飛蚊症と後部硝子体剥離に大別されます。生理的飛蚊症は問題ないのですが、中年以降に急に片目に飛蚊症が起きたなら、念のため眼科を受診して眼底検査を受けることをおすすめします。

視野の中に光が走る
網膜か脳に原因がある光視症です。網膜の場合は網膜剥離の疑いが、脳の場合は脳血管の一時的な痙攣による閃輝暗点という状態で両目に起きます。

光の周囲に虹が見える
角膜炎や角膜のむくみでよく見られる虹視症です。緑内障の症状の一つでもあります。

 - 目の構造と症状

PC用

PC用

  関連記事