目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

目の症状と病気:痛み・かゆみ・渇き

目の痛み・かゆみ・乾きは目からの警告の声です。目の痛みは、異物が入ったことによる痛みや疲れ目、角膜などの炎症で起こります。目のかゆみは、花粉症などによるアレルギー性結膜炎や眼瞼炎などの症状として現れます。ドライアイ(乾燥性角結膜炎)では、乾き感だけでなく、目の痛み・かゆみ・充血、物がかすんで見えるなどの不快な症状があります。

放っておかずに病院(眼科)の診察を受けてください。

目が痛い症状の病気

目の痛みは強いて治療を要しないこともありますが、治療が必要な場合もあります。眼科病院で確認してください。

異物感のある痛み
異物が目に入るとゴロゴロして目が痛みますが、異物を取り除けば治まります。異物を取り除いても涙が出たり充血している場合は、異物が目を傷つけた可能性があります。結膜炎・睫毛内反(逆さまつげ)や角膜の病気でもゴロゴロした異物感と目の痛みを伴うことがあります。

瞼が痛い
まぶたの一部分を触ると痛い(圧痛)場合は麦粒腫(ものもらい)のことが多いのですが、眼球を覆う強膜に炎症が起きていることもあります。

目の奥が痛い
目の奥が痛い場合は、三叉神経痛が最も疑わしいです。

目が疲れると痛い
疲れ目・眼精疲労による目の痛みと考えられます。

他の症状がある痛み
頭痛を伴う目の痛みは、急性緑内障である場合があります。眩しさを伴う目の痛みは、目が疲れたときに起きるため放置されやすい症状ですが、角膜や虹彩に炎症をおこしていることがあります。

目がかゆい症状の病気

目のかゆみは、アレルギー性結膜炎(花粉症・春季カタル)の特徴の症状で、眼瞼炎の特徴的な症状でもあります。眼瞼炎には、まぶたの皮膚に起きる眼瞼皮膚炎、まつ毛の根元辺りに起きる眼瞼炎、目じりに起こりやすい眼角眼瞼炎などがあります。

目がかゆいと集中力や注意力が低下して思わぬ失敗やトラブルを起こすこともあります。目のかゆみを抑える目薬がありますし、冷たいタオルなどで目を冷やすだけでも目のかゆみを和らげることができます。ですが、目がかゆいと、どうしても目をこすってしまい目を刺激することになります。水晶体や網膜をを傷つけて白内障・網膜剥離の引き金になることもあります。放っておかずに病院(眼科)で診察をうけましょう。

目が乾くドライアイ症状の病気

目が乾くというとドライアイという言葉を思い浮かべるでしょう。ドライアイ(乾燥性角結膜炎)の症状は、目が疲れやすい、めやにが出る、眼がゴロゴロする、目が重たい感じがする、目が乾いた感じがするく(ショボショボする)、涙が出る、目がかゆい、目が痛い、物がかすんで見える、光を見るとまぶしい、目が充血する、などです。

ドライアイには涙液欠乏性ドライアイ(涙液分泌減少型)と蒸発性ドライアイ(涙液蒸発過多型)に大別されます。年齢に伴い涙腺の機能が低下して涙液が減少してドライアイになりやすくなります。眼を酷使する人や、高齢者や女性に多い傾向があります。
コンピューター、コンタクトレンズ、アレルギー性結膜炎とドライアイは深く関係しているといわれています。コンピュータと深い関係にあるテクノストレス眼症とも呼ばれるVDT症候群は、ドライアイから始まるといわれています。

自己免疫疾患(膠原病)のシェーグレン症候群・関節リウマチ・全身性エリテマトーデスの1症状としてドライアイになることがあります。

 - 目の構造と症状

PC用

PC用

  関連記事