目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

目の症状と病気:まぶたの痙攣

瞼(まぶた)がピクピク痙攣することがあります。瞼(まぶた)を開閉する筋肉(眼輪筋)に痙攣が起きると瞼(まぶた)がピクピクします。 原因の多くが眼精疲労や睡眠不足などです。休養することで改善されます。

瞼(まぶた)の痙攣が長期間続いたり目を開けられないなどの症状があるときは、他の原因が考えられますから、病院(眼科)の受診をしてください。

まぶたが痙攣する症状の目の病気

瞼がピクピク痙攣する病気に顔面ミオキミア、眼瞼痙攣、顔面痙攣(俗名:顔面神経痛)があります。

顔面ミオキミア
眼輪筋の一部分が異常に興奮すると起きる顔面ミオキミアは、特に下まぶたが痙攣します。原因は眼精疲労や寝不足などで、顔面神経麻痺の後遺症、脳幹部の炎症や腫瘍、多発性硬化症などの病気が原因の場合もあります。

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)
眼瞼痙攣は両眼のまぶたに生じる異常で、眼輪筋が勝手に攣縮(れんじゅく)する病気で、原因は解明されていませんが、脳の大脳基底核の機能異常が原因ともいわれています。

顔面痙攣(俗名:顔面神経痛)
顔面痙攣(俗名:顔面神経痛)の殆どが片側性(片側顔面痙攣)の顔面神経の病気です。顔面痙攣(俗名:顔面神経痛)の初期にまぶたが痙攣します。

 - 目の構造と症状

PC用

PC用

  関連記事