目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

注意が必要な生理的飛蚊症

飛蚊症の多くは、加齢などによる生理的なものです。硝子体はコラーゲン繊維という蛋白質が大量の水分を含む透明なゼリー状ですが、硝子体が液状に変性(繊維組織と水分が分離)すると、硝子体内部の水分のかたまりや繊維組織が網膜に映って浮遊物が見える飛蚊症の症状が現われます。視野の中に糸屑や蚊のようなものや黒い点のような浮遊物がフワフワ見えます。眼の動きと一緒に浮遊物も揺れ動きます。

生理的飛蚊症の多くが硝子体剥離(硝子体が網膜から剥がれること)を伴います。生理的飛蚊症は病気ではありませんから、特に治療の必要はないとされています。
ですが、硝子体と網膜は通常軽く癒着しており、網膜が薄かったり強く硝子体が癒着していると、生理的飛蚊症が網膜裂孔や網膜剥離の原因になることがあります。
生理的飛蚊症と診断されていても、急に浮遊物が増えたり、稲妻のような光もある、視野が欠ける、物が歪んで見えるなど他の症状があるときは注意が必要です。自己判断せずに病院(眼科)で検査をうけましょう。

近視の人は若い年齢でも生理的飛蚊症をおこしやすいといわれています。近視の眼球は長い傾向にある分、硝子体自体が変性しやすく硝子体剥離もおこしやすいため、生理的飛蚊症が起きやすいです。殆どの場合、治療を要さない生理的飛蚊症ですが、網膜裂孔や網膜剥離を引き起こすことがあるので要注意です。

硝子体剥離を伴う生理的飛蚊症

生理的飛蚊症は硝子体内部の濁りが浮遊物のように見える症状ですが、後部硝子体剥離を伴うことが多いといわれています。後部硝子体剥離は、硝子体が液状になり縮小して変性する過程で硝子体が網膜から剥がれることを指します。

通常は後部硝子体剥離により硝子体と網膜の間に隙間ができることで、硝子体の後ろ側の膜が網膜に映るため飛蚊症の症状が現われます。時間の経過に伴って硝子体後方の膜が眼球の前方へ移動して網膜から遠くなるので、影が薄くなって気にならなくなります。
後部硝子体剥離で若干の出血によって視力が低下することがありますが、これも出血した血液が徐々に周囲の組織に吸収されていくので元の視力に回復します。

ただし、硝子体と網膜は通常軽く癒着しており、硝子体剥離が起きるときに網膜が引っ張られて、網膜が薄かったり強く硝子体が癒着していると生理的飛蚊症が網膜裂孔や網膜剥離の原因になることがあります。

生理的飛蚊症と診断されたら、ひとまず安心ですが、経過観察が大切で、急に飛蚊症の症状が進んだり他の目の異常な症状が現われたときは病院(眼科)での検査を受けてください。

 - 飛蚊症・光視症

PC用

PC用

  関連記事