目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

飛蚊症の症状を伴う病気

病気の症状として起きる飛蚊症があります。網膜裂孔や網膜剥離、網膜の血管の病気、ぶどう膜炎、眼球の感染症、眼の病気による硝子体出血でも飛蚊症の症状があります。治療が必要です。

生理的飛蚊症と診断されたからといって、次に起きる飛蚊症が生理的飛蚊症とは限りません。

飛蚊症の症状が出た、飛蚊症の症状が強くなった、飛蚊症以外の症状がある場合は自己判断せずに病院(眼科)で検査をうけることが大切です。生理的飛蚊症と診断されれば取りあえず安心です。

飛蚊症を伴う病気

網膜裂孔
網膜裂孔とは網膜に穴ができる病気で、網膜剥離に進行することもあるので経過観察が重要になります。

網膜剥離
網膜剥離は網膜が眼底から剥がれる病気です。視野が欠ける、物が歪んで見えるなどの症状があります。

網膜血管の出血・新生血管
糖尿病・高血圧・外傷などで網膜血管が破れて硝子体に出血した血液が入り込んだ状態が硝子体出血です。硝子体出血を起こした元の病気の治療が必要になります。
糖尿病網膜症や網膜静脈閉鎖症などでは、新生血管が網膜や硝子体にできることがあります。新生血管は切れやすく、出血すると急激な視力低下を引き起こします。この前駆症状として飛蚊症が現れることがあります。新生血管が認められた場合は経過観察が重要になります。

ぶどう膜炎
網膜の外側のぶどう膜に炎症がおきる病気です。網膜に接しているため、網膜に炎症が広がって視力に及ぼす影響が問題になります。発症頻度は高くありません。ぶどう膜炎の原因として自己免疫疾患であるベーチェット病・サルコイドーシス・原田病が知られています。

眼球の感染症
稀ですが、白内障や緑内障などの眼の手術後に眼球内に細菌が増殖することがあります。緊急の治療が必要です。

眼の病気による硝子体出血
眼球内の出血が硝子体の中に溜まった状態が硝子体出血です。通常は数カ月で自然吸収されます。出血が軽度の場合は経過観察になりますが、出血が続いたり網膜剥離が疑われる場合は緊急の治療が必要です。

 - 飛蚊症・光視症

PC用

PC用

  関連記事