目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

飛蚊症・光視症に注意

飛蚊症とは視野の中に糸くずや蚊のようなものや黒い点がフワフワ飛んでいるように見える症状です。何らかの原因で硝子体に生じた濁りが網膜に映ったりして飛蚊症の症状が現われます。飛蚊症には、生理的飛蚊症、眼の病気による飛蚊症、遺伝や目以外の病気による飛蚊症があります。生理的飛蚊症は特に治療の必要はないといわれていますが、経過観察を要します。

光視症は中高年ころからよく見られる症状です。目を閉じた状態で目の端に閃光のように光が走るのを感じる症状が光視症です。光視症は飛蚊症と同様に加齢による硝子体の変性が原因とされています。

飛蚊症と光視症の両方があると、網膜剥離につながる網膜裂孔の可能性が高まりまます。同時発症には注意が必要です。

危険な飛蚊症に注意

飛蚊症の症状が急に現われたり急激に進んだとき、飛蚊症以外の症状もある場合は要注意です。特に注意すべきは、生理的飛蚊症と病気による飛蚊症の鑑別です。硝子体や網膜の病気(網膜裂孔・網膜剥離・硝子体出血・ぶどう膜炎)や他の病気(糖尿病や高血圧)や外傷による飛蚊症がありますから、飛蚊症は病院での検査を受けることが重要になります。飛蚊症の症状が出たら自己判断せずに病院(眼科)で検査をうけましょう。

目の端に閃光が見える光視症

後部硝子体剥離が起きるときに、硝子体が強く癒着した網膜の部位がすぐに剥がれないで、眼球の動きに伴って硝子体が網膜を引っ張ると、網膜が刺激されて実際にはない閃光のような光を感じる症状が光視症です。網膜と硝子体の癒着がなくなれば光は見えなくなりますが、癒着が長く残って光視症が長期間続くこともあります。
飛蚊症と同じく光視症も網膜剥離の原因になる網膜裂孔が隠されていることがありますから、光視症の症状を感じたら眼科での精密検査が必要です。網膜裂孔と網膜剥離は治療を要する目の病気です。

飛蚊症光視症の同時発症に注意

飛蚊症と光視症は網膜剥離の症状として現れる症状です。飛蚊症と光視症の片方だけでも網膜裂孔の可能性がありますが、飛蚊症と光視症の両方の症状が現われているときは網膜裂孔の可能性が更に高まるとされています。網膜裂孔は放置しておくと網膜剥離に進行する可能性を残すことになります。早期発見で網膜剥離に進行する前に眼科で検査を受け適切な治療をうけることが大切になります。
片目に飛蚊症と光視症の両方の症状がある場合は約25%に網膜裂孔が認められ、網膜裂孔を放っておくと約30~50%の割合で網膜剥離に進行するとの報告もあります。飛蚊症と光視症は網膜剥離のサインともいえます。

光視症に似た症状に閃輝暗点があります。閃輝暗点は片頭痛(偏頭痛)の前兆症状としてよく現れる症状のひとつで、突然目の前がチラチラ光ってギザギザしたモノが現れ、小さな点から始まって徐々に広がっていき15分程で消えて元通りに見えるようになります。閃輝暗点は脳の血管が一時的に痙攣して起こるもので、目の病気ではありませんから、頭痛外来や頭痛系の疾患を取り扱う脳神経外科の分野になります。

 - 飛蚊症・光視症

PC用

PC用

  関連記事