目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

白内障とは

白内障とは、眼の中にある水晶体が白く濁り視力が低下する病気です。白内障は瞳孔が白っぽく見えてくることから「白そこひ」とも呼ばれていますが、黄色く濁ることもあります。

白内障には先天性白内障と後発白内障があります。先天性白内障は生まれつき水晶体が濁っていたりする白内障で、後発白内障の多くは40歳ころから進行しはじめる加齢による白内障です。

白内障といえば老人性白内障をさすほど加齢によることが多いのが特徴で、60歳代では60~80%の人に白内障の症状がみられます。加齢による白内障の原因は、新陳代謝の低下によりつくられた異常な物質が水晶体のタンパク質を変化させ白く濁らす、活性酸素を生み出す紫外線でタンパク質が酸化されて水晶体が濁るなどといわれていますが、はっきり分かっていません。

若い年齢であっても、糖尿病、目の外傷、アトピー性皮膚炎、栄養失調が原因で白内障を発症することがあります。また、放射線・赤外線、ステロイド薬・抗精神薬の副作用でも水晶体が濁ると考えられています。

水晶体の劣化(老化)や紫外線などで水晶体の変性がおきます。軽度の白内障では症状の進行を遅らせる点眼薬や内服薬での治療になりますが、濁りを取ることはできませんから元の透明な水晶体には戻りません。

白内障が進行し日常生活に支障がでた場合は水晶体超音波乳化吸引術や眼内レンズ挿入術の手術になります。白内障予防対策は、目に良い食品を摂り、目を酷使しない規則正しい生活習慣になります。

 - 白内障

PC用

PC用

  関連記事