目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

白内障の自覚症状と濁り方

水晶体に濁りが生じる白内障は、濁った水晶体が光の透過を妨げたり散乱させたりするので、網膜に像を結びにくくなって視力低下につながります。後発白内障で進行する白内障の自覚症状としては、物がかすんで見える、明るいところで眩しくて見にくい、眼鏡を調整してもぼやける・二重三重に物が見える、などに始まり、進行すると目の前にかざした手指の数が分からないほどになります。更に進行すると明るい・暗いしかわからなくなります。白内障だけの場合は眼の痛みや充血はありません。

濁り方には個人差がありますが、白内障の多くは水晶体の回りから中心部に向けて濁っていきます。そのため、目がかすむ症状を自覚するころには白内障の症状がかなり進んでいるといえます。老人性白内障では黄白色に濁ることが多く、進行すると黄白色のフィルターがかかったような見え方になります。
皮質白内障、核性白内障、後嚢白内障などがあり、水晶体の濁り方が違います。

加齢による白内障など進行型の白内障の場合は、早期発見で治療をするのが大切になります。

白内障の自覚症状

  • かすんで見える。
  • 明るい所に出ると眩しく感じたり、逆光で物が見づらい。
  • 暗くなると見づらいかったり、車のライトが眩しく感じる。
  • 眼鏡やコンタクトを調整しても、ぼやけたり、二重三重にみえる(重視)
  • 目が疲れやすい。

白内障による水晶体の濁り方

水晶体の濁り方によって、皮質白内障、核性白内障、後嚢白内障などがあります。

皮質白内障
水晶体の周辺部が濁る白内障で、加齢による白内障で多いといわれています。

核性白内障
水晶体の中心部が濁る白内障で、水晶体が黄色(褐色)に変化します。 水晶体を透過する光を散乱させやすくなり、眩しいと感じやすくなります。

後嚢白内障
水晶体の後方側が濁る白内障で、糖尿病性白内障に多いといわれています。

 

 - 白内障

PC用

PC用

  関連記事