目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

白内障手術の眼内レンズ

白内障手術は、超音波水晶体乳化吸引術が一般的で、濁った水晶体を超音波で砕き吸引して取り除きます。そこに人工レンズ(眼内レンズ)を挿入します。一般的な眼内レンズ挿入術では、単焦点眼内レンズを用います。単焦点眼内レンズの物の見え方は一定のピントで固定され、手術後は眼鏡でピント調整することになります。

視力の回復レベルは白内障以外の角膜や網膜の部分の状態によって異なります。糖尿病網膜症や黄斑変性症などを合併している場合は視力が出ない場合があります。残念ながら、重度の糖尿病・ブドウ膜炎・出血性緑内障などの場合は、眼内レンズ挿入術はできません。

多焦点眼内レンズとは

眼内レンズで現在注目されているのが多焦点眼内レンズです。多焦点眼内レンズとは近くも遠くも焦点が合う眼内レンズです。多焦点眼内レンズの特性としの遠近の両方に焦点が合う=近くも遠くも見えることから、白内障手術だけでなく老眼の治療にも期待が高まっています。
だだ、多焦点眼内レンズは厚生労働省の認可は受けていますが、先進医療に認定されていない施設での手術はレンズ費用も手術費用も健康保険の適用外で全額負担(自費)となり、その結果、高額になってしまいます。
ただし「多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」の先進医療施設に認定された施設では、レンズ費用と手術費用は自己負担ですが、手術前後の診察・検査・薬代・入院等に健康保険が適用されます。

 - 白内障

PC用

PC用

  関連記事