目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

緑内障とは

緑内障とは、眼の中の房水の循環に障害が起きて眼圧が高くなり、視神経が圧迫されて萎縮するために、視野が欠けたり狭くなる病気といわれてきました。緑内障には原発緑内障・先天緑内障・続発緑内障がありますが、正常眼圧緑内障という眼圧が正常範囲であって視神経が萎縮して視野狭窄の症状が現われる緑内障があります。この正常眼圧緑内障は日本人の緑内障の約60%を占めているといわれています。

緑内障の診断治療の進歩は目覚しく「緑内障=失明」という概念は薄れつつありますが、緑内障による視力損失は元に戻りませんから、緑内障はそれだけ早期発見治療が必要な目の病気です。

緑内障の種類

正常眼圧緑内障
眼圧は正常範囲ですが、視神経が萎縮して視野狭窄の症状が現われます。徐々に進行し自覚症状に乏しい緑内障です。

原発緑内障
原発緑内障には閉塞隅角緑内障と開放隅角緑内障があります。

○原発閉塞隅角緑内障は、隅角が狭くなり繊維柱帯が塞がって房水の流れが悪くなり眼圧があがる急性・慢性の緑内障です。

○原発開放隅角緑内障は、繊維柱帯が徐々に詰まって眼圧が上昇する慢性の緑内障です。

先天性緑内障
先天性緑内障は、生まれつきの隅角未発達により起こる緑内障です。

続発緑内障
続発緑内障は、他の目の病気(目の外傷や炎症・角膜の病気・網膜剥離など)や薬剤による眼圧上昇で起こる二次的な緑内障です。

眼の中には房水と呼ばれる液体が循環して眼の中の器官に栄養を供給し、房水の圧力が眼圧を保っています。
房水は眼の奥の毛様体でつくられて隅角(角膜と虹彩の間の部分で、黒目の端の部分の内部にあたり、黒目全周にあります。)にあるフィルターの役割をする繊維柱帯を通ってシュレム管から流れ出ます。
ところが、房水の生産と流出のバランスが崩れると、房水が目に溜まって眼球が固くなり眼圧が高くなります。

 - 緑内障

PC用

PC用

  関連記事