目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

緑内障の検査治療手術

緑内障の検査には、眼底検査・視野検査・眼圧検査などがあります。これらの検査が早期発見につながります。自覚症状がでるころには緑内障がかなり進行していることが多いです。40歳を過ぎたら、眼科で定期的な検査をうけることが大切です。

検査の結果、緑内障と診断されたら緑内障の治療が始まります。緑内障の治療は終身にわたっての治療になります。
先ずは眼圧を下げるための点眼薬・内服薬などによる治療がおこなわれます。点眼は、医師の指示通りに行うことが大切です。薬物療法で目標の眼圧が見込まれない場合は次の方法としてレーザー治療、手術などが検討される治療に移行します。

緑内障の検査

緑内障の検査には、眼圧、隅角、眼底、視野を調べる検査があります。診断や経過観察に用いられます。

眼圧検査
眼圧を測定する検査です。目に器械を直接接触させて測定するゴールドマン圧平眼圧計や、目に圧縮した空気を吹きあてて測定する空気眼圧計があります。

隅角検査
点眼麻酔の後に、特殊なコンタクトレンズを目に押し当てて隅角の状態を診ます。主に診断のために行う検査です。

眼底検査
視神経の障害程度を調べる検査です。一般的に散瞳薬を点眼して瞳孔を広げてから行ないますが、無散瞳カメラによる検査もあります。日本では正常眼圧緑内障が多いため、眼底検査が重要になります。眼底検査での視神経乳頭の状態を観察し、視神経乳頭が白く陥没が認められる場合は緑内障が疑われます。

視野検査
暗い画面上に小さな光が見えた時にボタンを押しすことで、見える範囲を調べる検査です。30分程かかる検査ですが、緑内障の進行程度を診る重要な検査です。

緑内障の治療手術

緑内障の治療には、薬物療法、レーザー治療、手術があります。緑内障のタイプや重症度などによって治療方針が決まります。障害された視神経は回復しませんから、進行を止める、または進行を遅らせる治療になります。

薬物療法
緑内障治療の基本が薬物療法です。様々な効果のある目薬があり、緑内障のタイプや重症度などに応じた処方がされます。一種類の点眼や、数種類の組み合わせの点眼のこともあります。一回一滴、複数の場合は5分以上あけて点眼します。目薬(点眼薬)は、根気よく続けることが大切です。点眼を怠ったり、自己判断で数量を変えたり止めたりせず、医師の指示通りに点眼することが重要です。

レーザー治療
レーザー治療には、虹彩(茶目)にレーザーで穴をあけて防水の流れを変える方法と、繊維柱帯に照射して防水排出を促進する方法があります。前者は多くの閉塞隅角に有効とされ、後者は一部の開放隅角に有効とされています。

手術
薬物療法やレーザー療法では治療効果が望めない場合に手術が検討されます。あくまでも眼圧を下げて進行を食い止めるのが目的です。合併症や再手術の可能性があります。手術に際しては医師からの十分な説明を受けて納得の上で臨むことが必要です。

 - 緑内障

PC用

PC用

  関連記事