目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

黄斑の病気の種類とその症状

網膜の中央にある黄斑は中心視力に関係する最も神経が密集した部位で、黄斑が変性すると視力障害がおこります。変視症(歪んで見える症状)、中心暗点(中心部分だけが暗く見えない状態)などの症状があり、視力低下を引き起こします。

黄班に生じる病気の原因として、加齢・遺伝・他の病気が関わっており、黄班変性症の代表格が加齢黄班変性症です。50歳以上の黄班変性では加齢性黄班変性症(AMD)、50歳未満の黄班変性の新生血管では特発性脈絡膜新生血管症と診断されるようです。

黄班の病気の種類と症状

新生血管黄班症
新生血管黄斑症は、脈絡膜から新生血管と呼ばれる新たに発生する異常な血管を生じる病気で、代表的なものに加齢黄班変性症があり、ほかにも特発性脈絡膜新生血管や近視性黄班変性症などがあります。

加齢黄班変性症
加齢黄班変性症には萎縮型と滲出型があります。萎縮性加齢黄斑変性症は、加齢により黄斑部の周辺や黄斑部の組織が萎縮する老化現象(加齢変化)によるもので、滲出性加齢黄斑変性症は新生血管による新生血管型加齢黄斑変性症です。日本人に多いのは滲出型です。視力低下の度合いは個人差がありますが、物を見る中心の黄斑が障害されるため、視野の中心が見えにくくなり視力低下が生じます。「周りは見えるけれど、見たいところが見えない」症状が特徴的です。

特発性脈絡膜新生血管
若年者の目の黄斑の網膜下に新生血管が発生する目の病気で、発症原因は解明されていません。特発性脈絡膜新生血管は自然に治ることが多いため、大抵は経過観察になり特に治療は行いませんが、稀に新生血管が拡大して視力低下が進行するケースがあります。

近視性黄班変性症
30~40歳代でも発症する近視性黄斑変性症は、発症すると治療が難しい目の病気といわれています。強度近視(病的近視)では、眼球が長く伸びた結果、網膜の黄斑部が変性したり委縮することで黄斑変性症を起こします。新生血管黄班症の治療は主に新生血管を抑制する薬を目の中に注射する治療になります。

黄斑上膜
網膜の表面に膜がはってしまう病気で、網膜前膜また黄斑前膜とも呼ばれます。 特別な原因がない加齢による特発性、ブドウ膜炎や糖尿病網膜症などの病気が元になっている続発性があります。歪んで見えたり、視力低下がありますが、中心暗点の症状はありません。膜越しに物を見ることになるため、症状が進行するにつれて視力低下が進みます。放っておくと、黄斑部にしわ・むくみ(浮腫)・円孔の原因になるため、定期的な検査で状態を確認することになります。薬物療法で治すことはできず、症状が進んだ場合は硝子体手術で黄斑上膜を除去することになります。

黄斑円孔
網膜の黄班部に円孔と呼ばれる穴ができる病気です。加齢によって硝子体が収縮するときに網膜が引っ張られて黄班部が裂けて円孔が生じます。物を見るときに、真ん中が歪んだりかすんだりする症状があります。円孔が進行するにつれて中心視力(中心の見え方)は低下します。薬物療法はなく、硝子体手術が必要です。円孔が小さく、円孔が出来てからの間もないうちの手術の方が、視力回復が期待できます。

黄班浮腫
網膜の黄班部に液状のものがたまってはれた状態です。物を見た時に歪んで見える症状が出たり、視力低下を起こします。糖尿病網膜症・ブドウ膜炎・網膜静脈閉塞性疾患などが原因でおこる症状です。

黄班ジストロフィー
先天性黄斑変性症ともよばれる黄斑ジストロフィーは遺伝性の目の病気です。ジストロフィーとは遺伝子の異常により組織や臓器が徐々に変性することを指します。目の病気の網膜色素変性症もジストロフィーの一つです。眼科のみならず他の臓器などでも使われます。残念ながら、有効な治療法は見つかっていません。黄斑ジストロフィーは重度の視力低下を避けることができません。症状によって遮光眼鏡、弱視眼鏡、拡大読書器などの使用やリハビリテーションが行われたりします。

 - 黄斑変性症

PC用

PC用

  関連記事