目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

加齢黄斑変性症の原因症状

加齢黄斑変性症(AMD)とは加齢により黄斑が障害される病気で、高齢になるほど発症率が高くなり、日本においては女性よりも男性に多い目の病気です。視野の中心が歪んだり、暗く見えたり、欠けたりする症状があります。加齢黄斑変性症(AMD)では、片目の場合気づかずに両眼が罹患したり視力がかなり低下してから気づくことも多く、進行すると失明(社会的失明)の可能性がある特定疾患(難病)です。

加齢黄斑変性症(AMD)の原因と種類

加齢黄班変性の原因は、加齢のほかに、喫煙、遺伝、環境、太陽光、食生活などが関わっています。加齢黄班変性は、新生血管の有無によって萎縮型と滲出型に種類分けされます。萎縮型は非滲出型とかドライタイプと呼ばれ、滲出型は新生血管型とかウェットタイプと呼ばれます。

萎縮型加齢黄班変性症
萎縮型は長い間に少しずつ組織が痛んで徐々に視力が低下してます。黄斑部の周辺や黄斑部の組織が萎縮する老化現象であるため特別な治療法はありませんが、黄斑部の中心窩に障害が起こらなければ深刻な視力低下には繋がらないとされています。滲出型(新生血管型)に移行することがあります。

滲出型加齢黄斑変性症(新生血管型加齢黄斑変性症)
滲出型は黄斑部の網膜の下に脈絡膜新生血管が生えて視野の中心が見えにくくなります。基本的に急速に症状が進むとされています。脈絡膜新生血管とは、網膜の下の脈絡膜に正常な血管とは別に新たに生まれた血管です。滲出型加齢黄斑変性症の約半数で中心窩に新生血管があるといわれています。治療が必要です。

加齢黄斑変性症(AMD)の症状

黄斑は、物の形・大きさ・色・立体・距離といった光の情報の識別に大きく関わっています。この部分に異常があると視力が低下します。また、黄斑の中心窩に異常があると、症状はさらに深刻になります。

  • 視野の中心が暗く見えたり、かすんだり歪んだりする
  • 視野の周辺はみえるのに、見たいものに焦点を合わすと見えない
  • 直線が歪んで見える
  • 物がぼやけて見えたり二重に見える

※加齢黄斑変性症(AMD):Age-related Macular Degeneration

※社会的失明:加齢黄斑変性が原因の失明は社会的失明と呼ばれます。多くは中心視力が失われても、光をまったく感じなくなるわけではなく、周辺視野に問題は起きないことが多いためです。矯正しても視力が0.1以下という基準があるようですが、読書や料理といった日常生活に支障があることが社会的な失明と解釈するのが妥当のようです。

 - 黄斑変性症

PC用

PC用

  関連記事