目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症は、糖尿病に特有な合併症で、腎症や神経障害とともに糖尿病の3大合併症の一つです。糖尿病網膜症は後天性失明原因の第1位になっています。

糖尿病に罹患してから5~10年後には糖尿病患者の約50%に糖尿病網膜症が現われ、
発病年数とともに増加していき、
20年後では症状の程度の差はあるものの約80%の糖尿病患者が糖尿病性網膜症を合併するといわれています。

糖尿病網膜症を含む糖尿病の合併症は、高血糖によって血管が傷つくことが原因です。細い血管が張り巡らされている網膜は影響を受けやすく、単純網膜症⇒増殖前網膜症⇒増殖網膜症の順番で進行していきます。

糖尿病そのものが自覚症状の少ない病気ですが、糖尿病網膜症の初期では自覚症状が殆どありませんから、目の症状がなくとも、糖尿病の初期段階から定期的に眼科で視力検査と眼底検査を受けることが大切です。
より詳しく調べるためには蛍光眼底造影があります。

 - 糖尿病網膜症

PC用

PC用

  関連記事