目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

網膜剥離(網膜はく離)とは

網膜剥離(網膜はく離)は外傷性の網膜剥離を除くと、50歳代から多い目の病気で、裂孔原性網膜剥離が多いといわれています。裂孔原性網膜剥離とは、硝子体が眼球に連動して動くことで網膜が引っ張られて裂け目(網膜裂孔)ができて、液化硝子体が網膜の下に入り込んで網膜が剥がれた状態です。

強度の近視では、網膜が弱く硝子体の液化が早く進むため、網膜剥離になりやすいとされています。網膜裂孔はレーザー凝固法で治療をおこないますが、網膜剥離(網膜はく離)を起こした場合の治療は手術になります。網膜剥離(網膜はく離)には、外傷性の網膜剥離や、糖尿病や他の眼疾患による二次的に起きる続発性網膜剥離があります。

網膜剥離は自覚症状がでにくく痛みも特にないため、網膜症と診断された場合、定期的な眼底検査や眼圧検査などの眼科的検査が大切になります。網膜剥離は治療をしないで放っておくと失明する可能性の高い目の病気です。

 - 網膜剥離(網膜はく離)

PC用

PC用

  関連記事