目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

網膜剥離(網膜はく離)の予防

残念ながら網膜剥離には効果的な予防方法はありません。ですから、眼の異変を早く見つける事が重要になります。網膜剥離の前の段階の網膜変性症の自覚症状は殆どないため、目薬で瞳孔を開いた状態での眼底検査が重要で、特に中高年からは1年に1回この眼底検査をうけることが網膜剥離の予防に繋がります。網膜剥離になりやすい危険因子をもつ人は、さらに定期的な眼底検査が望まれます。

網膜剥離(網膜はく離)の危険因子

  • 網膜裂孔がある。
  • 網膜剥離が起きたことがある。
  • 血縁者に網膜剥離を起こした人がいる。
  • 強い近視である。
  • 目に外傷を受けたことがある。
  • 目の手術をうけたことがある。
  • アトピー性皮膚炎である。

飛蚊症や光視症の症状があるなら早めに眼科受診をしてください。稀に網膜が一日で剥がれる事もあります。後悔しないためにも定期的に眼科を受診して眼底検査を受けて確認する事が望まれます。そして、適切な治療をしましょう。早期発見と早期治療です。

 - 網膜剥離(網膜はく離)

PC用

PC用

  関連記事