目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

円錐角膜とは

円錐角膜とは角膜が薄くなって前方に突出して視力が低下する目の病気で、原因は解明されていません。遺伝するとの報告や、アトピー性皮膚炎が関係しているともいわれています。

思春期に発症し30歳ころまで進行して落ち着くようです。人種に関係なく女性に多い目の病気といわれています。円錐角膜の原因が解明されていないため予防や根治する方法はわかっていません。

円錐角膜は非炎症性の角膜の変性で、感染症ではないので人にはうつりません。円錐角膜の治療は眼鏡やコンタクトレンズによる視力回復矯正や、症状が重い場合の手術になります。

円錐角膜で失明することはほぼないとされています。円錐角膜は両目になることが多いのですが、片目のみの場合も稀にあるようです。円錐角膜の進行は軽度の乱視から始まるとされており、両眼の進行レベルが異なることがありいわゆるガチャ眼の状態になることがあります。

 - 円錐角膜

PC用

PC用

  関連記事