目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

円錐角膜の治療手術

円錐角膜は角膜形状検査で見つけることができます。円錐角膜の治療は眼鏡やコンタクトレンズによる視力回復や視力矯正になり、重度の円錐角膜では手術が検討されます。

円錐角膜の眼鏡とコンタクトレンズ

円錐角膜の多くが眼鏡やコンタクトレンズで視力矯正できます。円錐角膜の初期では乱視矯正の入った眼鏡で対応し、円錐角膜の進行程度によって円錐角膜用の特殊ハードコンタクトレンズで視力を矯正することになります。ソフトレンズの上にハードレンズを重ねるというビギー・バック法もあります。

医師と相談して適切なコンタクトレンズを選択し、定期的眼科検診を受けることが大切です。円錐角膜用のコンタクトレンズが医療費控除の対象になるようですから、眼科医師と税務署に相談しましょう。

円錐角膜が重症になると手術が検討されます。

円錐角膜の手術

コンタクトレンズを装用できない、またはコンタクトレンズでは視力がでない場合に手術が検討されます。円錐角膜の手術には、角膜移植術、表層角膜移植術、角膜リング挿入術、放射状角膜切開術などがあります。

角膜移植の手術後の結果は比較的良好ですが、手術後にコンタクトレンズを装用しないと視力が得られないことや、拒絶反応で角膜が混濁することがあります。角膜移植に代わる方法として、近年、角膜内に輪状の薄片を挿入する角膜リング挿入術が多くなってきています。

 - 円錐角膜

PC用

PC用

  関連記事