目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

眼疲労と眼精疲労の違い

現代人は知らぬうちに目を酷使して目が疲れる生活環境にいます。目の疲れには眼疲労と眼精疲労があります。眼疲労は一晩寝たりして目を休めれば回復しますが、眼精疲労は回復せず、目の痛み・目のかすみや頭痛などの症状が残るもので眼疲労よりも重い症状の目の疲れです。
外眼筋は眼球の周囲にあって眼球を動かす働きをします。目を酷使すれば目の筋肉である眼筋も疲労して「目が疲れる」状態になります。

眼精疲労の約60%はドライアイ(乾燥性角結膜炎)の症状があるといわれています。眼の疲れに関連して下まぶたが痙攣する顔面ミオキミア、ドライアイを伴うコンピューターによるVDT症候群(テクノストレス眼症)というものもあります。

眼疲労という軽い目の疲れを放っておくと眼精疲労に進んでしまいます。思い当たる生活をしているならば、軽い疲れ目の段階で改善しましょう。

 - 疲れ目・眼精疲労

PC用

PC用

  関連記事