目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

眼精疲労の予防

眼精疲労の予防は、目の疲れを長引かせないように症状がでる前の予防対策が大切です。目を酷使する状況を避けて、十分睡眠をとり、目に良い栄養を摂り、目が疲れたと感じたらすぐに目の疲れを除くことです。日頃から目をいたわるようにしましょう。

眼精疲労の予防改善対策

テレビ・パソコン・テレビゲーム

  • パソコンやテレビの画面はなるべく離れて見ます。
  • 照明は明るくします。三方向からの光に差がないようにします。
  • 少なくとも1時間おきに休憩をいれて長時間にわたって画面を見続けないようにします。
  • 意識的に瞬きをするようにします。

十分な睡眠と栄養

眼精疲労の最大の予防法は十分な睡眠と栄養です。夜遅くまでテレビを見るのは止めましょう。目によいビタミンAやβーカロチンなどビタミンを多く含む食品を意識的に摂りましょう。

目薬・眼球体操・マッサージ・湿布

  • 目がしら・目尻・こめかみ・首筋などをマッサージしたり指圧します。
    (眼球を強く押さえるのは厳禁です)
  • 温める・冷やすのどちらも疲れ目に効果的です。
    ホットパック(5分)とアイスパック(1分)を1セットとして2~3セット行います。
    目を温めることは血液循環を促進させ疲労物質を流し、目を冷やすことは鎮静作用があります。
    目に炎症があったり充血している場合は冷やします。
  • 目の疲れを感じたり充血に気づいたら目薬を点すのも良いです。
  • 目を閉じたり遠くを見たりして視点を変えると目が疲れにくいです。

 - 疲れ目・眼精疲労

PC用

PC用

  関連記事