目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

ドライアイの検査治療

ドライアイ(乾燥性角結膜炎)の治療には、人口涙液、ドライアイ眼鏡、涙点プラブ挿入術(鼻涙管の涙点をシリコン製の栓のようなプラグで塞さぐ治療)、血清点眼、眼軟膏などがあります。

市販の点眼薬を使うなら、防腐剤無添加のものをおすすめします。充血を抑える成分が入っている点眼薬は一時的に血管を収縮させて充血をとるだけです。充血をとる点眼薬を長期間使用しつづけると慢性的な充血を引き起こすことがありますので注意が必要です。

重症のドライアイの場合はコンタクトレンズは避けたほうが良いといわれています。ドライアイなどによってコンタクトレンズの装用ができない場合は視力回復手術(レーシック治療、正式名:レーザー屈折矯正手術)もひとつの選択肢かもしれません。

ドライアイの検査

ドライアイの代表的な検査にシルマーテストがあります。ろ過紙を目の端につけて5分間にどのくらいぬれたかでドライアイの判定をします。10ミリ以下は涙液分泌減少でありドライアイの可能性が高いといわれています。10mm以上でも他要因が重なることでドライアイと判定されことがあります。

ドライアイの簡単チェック

他の人に何回瞬きするか数えてもらってください。
4~5m先の無地の壁を見て、1分間に何回まばたきするか数えます。通常は20回程度ですが、40回以上ならばドライアイの疑いがあります。

 - ドライアイ

PC用

PC用

  関連記事