目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

眼瞼痙攣

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)は、まばたきが多く、まぶしい、目を開けにくい症状から始まります。下まぶたが痙攣し、上まぶたも痙攣するようになり、次第に痙攣の回数が増えます。病気が進行すると自分の意思とは関係なく目が閉じてしまいます。ドライアイ(目が乾く)を併発します。明るい場所や疲労・ストレスで悪化ししやすく、症状の進行は比較的ゆるやかです。

40~70歳の中高齢者で発症することが多く、およそ男:女=1:2の割合で女性に多く見られます。眼瞼痙攣の初期では、主訴のみでの診断が難しく、ドライアイなど他疾患と診断されてしまうこともあります。精神的緊張で眼瞼痙攣が悪化することがある一方で、日常では重症なのに診察時に無症状ということもあるようです。

眼瞼痙攣の原因は解明されていませんが、脳の大脳基底核の機能異常が原因ともいわれています。眼瞼痙攣は放っておいて自然に治ることは稀です。眼瞼痙攣の治療は内服薬の服用・ボツリヌス療法・手術です。ボツリヌス療法は最近注目されている治療方法です。眼瞼痙攣の治療は、問診・眼科的な検査・瞬目負荷試験などで、他の疾患との鑑別を行ったうえで、重症度によって治療が決定されます。

眼瞼痙攣と紛らわしい病気に、顔面痙攣、眼瞼ミオキミア、チック、眼瞼下垂などがあります。

眼瞼痙攣と顔面痙攣との違い
眼瞼痙攣は両目の瞼(まぶた)に発生する異常で、眼輪筋が勝手に攣縮する病気です。顔面痙攣は顔面の筋肉が勝手に攣縮する病気です。

 - 目の痙攣(まぶたの痙攣)

PC用

PC用

  関連記事