目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは、何かしらの原因で瞼の動きに関わる腱膜・神経・筋肉に異常が生じて、瞼をあげにくくなり、正面を見たときに瞼(まぶた)が黒目(瞳孔)の上縁にかかっている状態で、視野が狭くなります。

眼瞼下垂は、一般的に片目におきますが、両目におきることもあります。眼瞼下垂になると、上瞼が下がって眠そうな目になるだけでなく、眼を開けにくいのを補おうとして眉を挙げる額の筋肉を無理に使うことで額にシワができてしまったり、顎を上げて物を見るようになります。また、眼瞼下垂が頭痛や肩こり、種々の不定愁訴、自律神経の不調などを引き起こすともいわれています。

眼瞼下垂には先天性のと後天性があり、一般的に眼瞼下垂は先天性のものが多く、後天性の眼瞼下垂の原因の多くが加齢によるもので、老人性眼瞼下垂と呼ばれます。長期間のコンタクトの使用も後天性の眼瞼下垂の原因にあげられます。

眼瞼下垂を伴う疾患は多様で、重篤な全身疾患の症状のひとつであることもあります。問診・視診・臨床検査などにより適切な鑑別後に治療が行われることになります。眼瞼下垂が気になる、悩んでいるならば、眼科と形成外科のある病院を受診してください。

上眼瞼皮膚弛緩症
眼瞼下垂に似たものに上眼瞼皮膚弛緩症があります。瞼を上げる眼瞼挙筋そのものに問題がなくとも、皮膚が余っているため、瞼(まぶた)の皮膚が覆いかぶさって視野が妨げられます。偽眼瞼下垂とも呼ばれます。

眼瞼(まぶた)の働き
眼瞼(まぶた)は眼球を保護し、まばたきをすることで角膜表面を涙で潤し、眼瞼(まぶた)に生えているまつ毛の根元の神経は敏感でゴミなどの異物が目に入るのを防ぐなど、眼瞼は大切な働きをしています。
眼瞼の中には、眼瞼を動かす主な筋肉である眼瞼挙筋と補助的な役割をするミュラー筋があります。眼瞼挙筋は動眼神経(眼球と瞼を動かす神経)の命令で縮み、ミュラー筋は交感神経の緊張で縮みます。眼瞼挙筋は一部は途中から腱膜(膜様の腱)になっていて瞼板(瞼の縁)付いています。
瞼をあげる動作は、眼瞼挙筋が腱膜を介して瞼板を持ち上げています。

 - 眼瞼下垂

PC用

PC用

  関連記事