目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

先天性眼瞼下垂

先天性眼瞼下垂の殆どが単純型の眼瞼下垂です。眼瞼挙筋の生まれつきの形成不全により、瞼(まぶた)が黒目(瞳孔)の上まであがらない状態です。単純型眼瞼下垂は、眼瞼下垂以外の異常、眼球運動障害、眼瞼の形の異常がないことが条件になります。

先天性眼瞼下垂で問題になるのは視力の発達です。先天性眼瞼下垂に対しては手術が主体で、生後6ヶ月頃から視力が完成する8歳頃までに時期をみて手術することになるようです。重症の眼瞼下垂は視力の発達が妨げられることがあるため早期の手術が必要なこともあります。

先天性眼瞼下垂の種類

筋肉が原因の先天性眼瞼下垂
単純性眼瞼下垂、筋強直性ジストロフィー症、重症筋無力症など

神経が原因の先天性眼瞼下垂
先天性外眼筋線維症、動眼神経麻痺など

腱膜が原因の先天性眼瞼下垂
眼瞼挙筋腱膜欠損

 - 眼瞼下垂

PC用

PC用

  関連記事