目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

「 子供の目の病気 」 一覧

続きを読む

ものもらい(麦粒腫)

俗に「ものもらい」と呼ばれているものは麦粒腫です。麦粒腫は子供によくみられる急性化膿性炎症で、瞼の分泌腺の細菌感染によります。麦粒腫の症状は炎症のある瞼の一部…

続きを読む

結膜炎(目ヤニ・充血)

結膜炎とは結膜に細菌やウイルス、アレルギーなどでおきる炎症で、子どもによくみられる目の病気です。結膜炎の代表的な症状は目ヤニ(目やに)と目の充血です。 ■結膜…

続きを読む

子供のさかさまつげ・飛蚊症

睫毛内反(さかさまつげ)とは、睫毛(まつ毛)が内向きに生えて眼球にあたっている状態です。子供の瞼は厚いので睫毛(まつ毛)が内側に向いてしまうことがあります。睫…

続きを読む

心因性視覚障害

心因性視覚障害は眼や脳に異常がないのに視力が低下している状態で、眼鏡やコンタクトレンズで矯正しても視力回復ができません。心因性視覚障害は8~14歳の女児に多い…

続きを読む

網膜色素変性症

網膜色素変性症とは、網膜の異常による進行性の目の病気の特定疾患です。網膜色素変性症の症状が現われる順番や進行速度、症状の組み合わせには個人差があります。また、…

続きを読む

網膜芽細胞腫

網膜芽細胞腫とは、3歳頃までの子供の網膜にできる悪性腫瘍で、約2万人に1人の割合で発症するといわれる小児ガンです。網膜の白い腫瘍が光に反射して猫の目のように目…

続きを読む

未熟児網膜症

未熟児網膜症とは、未熟児の状態で生まれた赤ちゃんに起こる目の病気です。未熟児網膜症では、網膜血管の発達が終わってない状態で生まれることにより網膜の血管が異常に…

続きを読む

先天性の目の病気

眼瞼下垂とは、何かしらの原因で瞼の動きに関わる腱膜・神経・筋肉に異常が生じて、瞼をあげにくくなり、正面を見たときに瞼(まぶた)が黒目の上縁にかかっている状態で…

続きを読む

子供の弱視の原因治療

子供の弱視の原因で多いのが遠視・乱視・斜視です。弱視を防ぐためには、弱視につながる原因を早く見つけて取り除くことです。 目の機能が急速に発育する期間に正しく見…

続きを読む

子供の視力の発達

生まれたて赤ちゃんの視力は明暗が分かる程度で、乳幼児は誰もが遠視の状態ですが、目が正しく十分使われることで目が発達していきます。視力は生後3歳前頃までに急速に…