目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

子供の視力の発達

生まれたて赤ちゃんの視力は明暗が分かる程度で、乳幼児は誰もが遠視の状態ですが、目が正しく十分使われることで目が発達していきます。視力は生後3歳前頃までに急速に発育し、生後間もない時期ほど視力は速いスピードでに発育します。目の発育につれて、物がはっきりと細部まで見ることができるようになり、遠近の視力も調整されて、立体感を伴うようになります。

目の機能で大切なものに視力(遠近の物を見る力)と両眼視機能(両眼で見た物を脳で一つにまとめる働き)があります。視力と両眼視機能は目と脳が一緒に働くことで発達し、物を正確に見ることができるようになって6歳頃までに完成します。目の栄養だけでなく、経験を積重ねて目で見たものの情報を読み取る力をつけていきます。

子供の視力を妨げるものは様々ですが、視覚発達期は非常に大切な時期です。この時期に何らかが原因で網膜に像が映らずに刺激が加わらないと視力の発達が妨げられ、その後に視力が育ち始めても遅れを取り戻せないことが多いため弱視になってしまいます。弱視につががる原因を早期に見つけて治療することが大切になります。

 - 子供の目の病気

PC用

PC用

  関連記事