目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

子供の弱視の原因治療

子供の弱視の原因で多いのが遠視・乱視・斜視です。弱視を防ぐためには、弱視につながる原因を早く見つけて取り除くことです。

生後から6歳頃までの目の機能が急速に発達する時期に正しく見ることができないと、視力と両眼視機能が正常に発達できません。この時期に何らかが原因で網膜に像が映らずに刺激が加わらないと視力の発育が妨げられ、その後に視力が育ち始めても遅れを取り戻せないことが多いため弱視になってしまいます。

弱視の治療に、メガネや特殊な器具を使った屈折矯正、視力の発達を促す訓練、手術治療などがあります。

目の機能が正常に発育できるように、出来るだけ早期の弱視治療を行うことが大切です。

子供の弱視の原因

子供の弱視の原因で多い遠視・乱視・斜視のほかに、不同視や形態覚の遮断があります。

 斜視

両目の視線がずれて両眼視できない(左右の目の視線が一致しない)のが斜視です。斜視では片方の目で物を見るため、もう片方の目を使わないようになり、使わないほうの目の視力が育たずに弱視になります。

片方の眼が内方向に向く内斜視と外方向に向く外斜視があり、これに上下の視線のずれが加わっていることもあります。また、しっかり見ようとしている時には斜視は現れないのに、ぼんやりしている時に斜視が現れることもあります。

遠視による内斜視は遠視の矯正で治ります。ほかの治療としては、眼球を動かす筋肉の位置を付替えたり強さを調整する手術などがあります。

 遠視、乱視、近視の屈折異常

中程度の遠視、強度の近視・乱視があると目の奥に写る像はぼやけて網膜から脳への情報伝達経路が育ちにくく弱視になります。近視の場合、よほど強くない限り、遠くは見にくくとも近くははっきり見えますので、視力の発達にはあまり影響しないとされています。

 不同視

眼鏡の左右の度が極端に違うことを不同視とよびます。眼鏡の度が強い方の眼を使わないと、使わない眼は弱視になりますから、両目を使う努力が必要です。

 眼の病気・形態覚の遮断

先天性白内障、先天性眼瞼下垂などの眼の病気による形態覚の遮断(網膜の前に余分な物があるために網膜に像を結ばない状態)も弱視の原因になります。
形態覚の遮断としては、ものもらいなどで使用する眼帯もあります。視力が発育する時期の乳幼児の場合は、短期間の眼帯使用でも弱視を引き起こすことがあるといわれています。乳幼児の眼帯の使用には十分注意が必要です。

子供の弱視の治療

斜視、不同視、屈折異常を早期に発見し治療を始める必要があります。メガネを使って両方の目で物を見るように矯正します。メガネによる矯正法で視力が回復しない場合は、遮蔽法と呼ばれる治療を行うことがあります。問題のないいい方の目を隠して弱視の目を使って視力の発達を促す訓練です。その他、特別な器械を使って刺激を加える治療法や手術があります。

※視野とは眼球を動かさないでまっすぐ前方を注視しているときに見える範囲のことです。その範囲を上下左右の何度まで見えるかをその角度で表わしたものが視角です。

※裸眼視力が0.1以下でも、眼鏡やコンタクトレンズによる矯正で1.0以上の最大矯正視力が得られれば弱視ではありません。弱視は眼鏡やコンタクトレンズで矯正しても視力がでない目です。

 - 子供の目の病気

PC用

PC用

  関連記事