目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

子供のさかさまつげ・飛蚊症

睫毛内反(さかさまつげ)とは、睫毛(まつ毛)が内向きに生えて眼球にあたっている状態です。飛蚊症はゴミ・くもの巣や点のようなものがフワフワと飛ぶように見える症状です。緊急の治療は必要ないようですが、適切な対処が大切です。

子供の睫毛内反(さかさまつげ)

子供の瞼は厚いので睫毛(まつ毛)が内側に向いてしまうことがあります。睫毛自体が柔らかく子供本人は気にしていないことも多いです。涙の量が多い・光がまぶしいなどで睫毛内反(さかさまつげ)を見つけることができます。

成長するにつれて瞼が薄く睫毛も硬くなることで睫毛が外側に向くようになりますから、睫毛内反(さかさまつげ)があっても3歳くらいまで様子をみるのが一般的です。その頃になっても睫毛内反(さかさまつげ)が治らない場合は、眼球表面を傷つけたりして視力に悪影響を及ぼすことになるため、睫毛(まつげ)を外側に向ける手術でなおすことが検討されます。

睫毛乱生の場合は、本数が少なければ毛根を焼く治療で対応し、本数が多ければ手術治療になります。
睫毛(まつげ)を抜いても毛根の向きは変わらず再び同じ方向で睫毛(まつ毛)が生えてきてしまうので根治にはなりません。

子供の飛蚊症

飛蚊症の原因は硝子体の中にあります。胎児の段階で硝子体の中に存在する血管の一部や血管周囲の組織の一部が、生後においても硝子体の中に濁りとして残ることがあります。眼球打撲でも飛蚊症がおきることがあります。
視力が良い場合は緊急の治療の必要がなく、時々検査をして異常がなければ放っておいても心配ないとされています。

近視の眼球は長い傾向にある分、硝子体自体が変性しやすく硝子体剥離もおこしやすいため、生理的飛蚊症が起きやすいです。殆どの生理的飛蚊症では治療の必要はありませんが、網膜裂孔や網膜剥離を引き起こすことがあります。

成長期の子供の眼は近視が進行しやすいため、できる限り早く近視の兆候を見つけて、飛蚊症をおこすリスクを減らすことが大切です。

 - 子供の目の病気

PC用

PC用

  関連記事