目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

結膜炎(目ヤニ・充血)

結膜炎とは結膜に細菌やウイルス、アレルギーなどでおきる炎症で、子どもによくみられる目の病気です。結膜炎の症状は目ヤニ(目やに)と目の充血が特徴です。結膜炎には、細菌性結膜炎、ウイルス性結膜炎、アレルギー性結膜炎などがあります。プール熱はウイルスによるもので、春季カタルは重度のアレルギー性結膜炎です。

目やにの状態でみる結膜炎

「目やに」は医学的には眼脂(がんし)と呼びます。結膜や角膜上皮から分泌される粘液に涙・老廃物・埃などが混じったもので、炎症を抑えるために病原体と闘った白血球の死骸も含まれます。

  • 涙のようにサラッとしている
    急性アレルギー性結膜炎、アデノウイルス結膜炎
  • 涙のように薄く糸状の繊維素が浮いている
    アデノウイルス結膜炎、単純ヘルペス結膜炎
  • 粘り気のある半透明で糸を引く
    アレルギー性結膜炎、アトピー性結膜炎、春季カタル
  • 粘り気があり濁り(黄色っぽい)がある
    細菌性結膜炎、ウイルス性結膜炎

細菌性結膜炎

細菌の感染による結膜炎です。インフルエンザ菌や肺炎菌が代表的で、冬に多くかかる結膜炎です。細菌の種類で若干異なりますが、一般的に急性・亜急性に発症して、充血・膿を伴う目やに・粘度のある目やに・涙流などの症状があります。

ウイルス性結膜炎

ウイルスの感染による結膜炎です。アデノウイルス結膜炎や単純ヘルペス結膜炎などがあります。アデノウイルス結膜炎で感染力の強いものに、流行性結膜炎とプール性結膜炎があります。

流行性結膜炎
俗に「はやり目」と呼ばれるもので、およそ1週間の潜伏期間を経て発病し、流行性結膜炎の症状は充血・目やに・涙流・異物感などがあり、発熱など風邪症状を伴うこともあります。乳幼児では瞼の裏に白い薄い膜(偽膜)ができたりします。重度の流行性結膜炎では点状表層角膜炎とよばれる白い点のようなものが角膜に現れて治るまで数ヶ月を要することもあります。

プール熱
夏風邪のひとつで、プールを介することが多いためプール熱と呼ばれます。空気感染や結膜炎から感染し、幼児から学童を中心に4月~10月頃に流行します。
症状は、高熱・咽頭炎・結膜炎のほかに、一般的な風邪の症状があります。通常はアデノウイルス3型で引き起こされますが、7型の場合は重症化して重症肺炎などの合併症を引き起こすことがあります。結膜炎には抗生物質の目薬が処方されるのが一般的です。プール熱にかかってしまったら、熱や喉の痛み、結膜炎の症状が消えてから少なくとも2日経過するまで学校は休みます。
プール熱の予防は、手を小まめに洗う、タオルの貸し借りをしない、水泳後の洗眼・うがいなどです。

単純ヘルペス結膜炎
単純ヘルペスの感染による結膜炎です。子供に多い初感染と、大人に多い再発型があります。最近では大人の初感染が増加しているといわれています。単純ヘルペス結膜炎の症状では、瞼に水泡ができたり角膜ヘルペスを伴うことがあります。

アレルギー性結膜炎

アレルギー反応でおこる結膜炎です。アレルゲン(アレルギー反応を誘発する原因物質)には、季節性アレルギー性結膜炎(花粉症)を誘発するスギ・ブタクサなどの花粉や、通年性アレルギー性結膜炎を誘発するダニ・ハウスダスト・ペットの毛・薬剤などがあります。アレルギー性結膜炎の約75%が季節性アレルギー性結膜炎(花粉症)といわれています。コンタクトレンズがアレルギー性結膜炎の原因になることもあります。

春季カタル
春季カタルは重度のアレルギー性結膜炎です。春季カタルは小学生くらいの男子がかかりやすい目の病気で、アトピー性皮膚炎を併発しているケースが多くみられます。春季カタルの症状は悪化と軽快を繰り返し、特に春先などの季節の変わりめに悪化しますが、15歳頃までに徐々に軽快することが多いです。
春季カタルの症状が強く日常生活に支障がでることもあります。かゆみ、白っぽい糸を引くような粘り気の強い目ヤニ、瞼の裏側の結膜にできた隆起(石垣状乳頭)による目のゴロゴロ、涙があふれる、などが春季カタルの症状です。角膜の周りの球結膜(白目の部分)が腫れて充血するのも春季カタルの特徴です。
春季カタルのの治療は、ステロイドの点眼薬で病気をコントロールしますが、結膜の乳頭がいつまでも消えない場合は手術が検討されます。不十分な治療で視力回復がむずかしくなってしまうことがありますから、しっかり治療を続けることが大切です。
※カタルとは、粘膜に炎症が起きて多量の粘液を分泌する状態です。

 - 子供の目の病気

PC用

PC用

  関連記事