目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

ものもらい(麦粒腫)

俗に「ものもらい」と呼ばれているものは麦粒腫です。麦粒腫は子供によくみられる急性化膿性炎症で、瞼の分泌腺の細菌感染によります。ものもらい(麦粒腫)の症状は炎症のある瞼の一部が腫れて痛みます。ものもらい(麦粒腫)の治療は抗生物質の軟膏や点眼薬になります。

麦粒腫に似たものに霰粒腫があります。霰粒腫は細菌感染ではなく、マイボーム腺が詰まって瞼に硬いグリグリしたしこりができます。霰粒腫の多くは痛みや充血はありませんが、慢性化することが多いとされており、急性炎症をおこして痛むこともあります。

ものもらいは麦粒腫・霰粒腫ともに原因はウイルスではなく雑菌(どんな人の肌にも存在する常在菌)ですから、人から人へ感染することはないといえます。周りの人がものもらいだとしても神経質にならなくても大丈夫です。
ですが、ものもらい(麦粒腫)がひどい場合は眼科で治療が必要です。

ものもらいの治療

抗菌目薬とよばれる市販目薬がありますが、市販目薬は医療用の目薬より効き目が弱いです。ものもらい(麦粒腫)は細菌感染による炎症ですから、ものもらい(麦粒腫)の程度にもよりますが眼科での受診をおすすめします。眼科を受診して抗生物質の軟膏や点眼薬を処方してもらうか処置をしてもらういましょう。ひどい場合は抗生剤を内服します。切開して膿をだす処置になるまえに眼科を受診するのがよいです。ものもらい(麦粒腫)が大きい場合は眼科に行って下さい。

 - 子供の目の病気

PC用

PC用

  関連記事