目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

「 近視遠視乱視老眼 」 一覧

続きを読む

強度近視の度数と合併症

軽度近視・中度近視・強度近視といった近視の度合いは屈折度数(D)の数値(度数)で判断されます。強度近視は「-6D以上-10D未満」です。 強度近視は軸性近視が…

続きを読む

老眼(老視)とは

老眼とは、正式には老視のことで、水晶体の調節力が低下した状態です。殆どの人が老視(老眼)になります。近視・乱視・遠視は眼の屈折異常ですが、老眼(老視)は調節異…

続きを読む

乱視とは

いわゆる乱視とは、角膜の歪みにより目のピントが合う距離が縦方向と横方向で異なるために、物の輪郭がだぶって見えたり歪んで見える状態です。これを正乱視と呼びます。…

続きを読む

遠視とは

遠視には、近視と同様に屈折性遠視と軸性遠視があります。遠視とは、角膜や水晶体の光屈折率が弱かったり眼軸長が短いために、網膜の後に焦点が結ばれる屈折異常です。近…

続きを読む

近視とは

近視には、屈折性近視と軸性近視があります。近視の多くが屈折性近視です。屈折性近視とは、目に入ってくる光の屈折率が強く網膜の手前で焦点を結ぶため、遠くがぼやけて…

続きを読む

中心視力と中心外視力

視力には中心視力と中心外視力があります。普段は意識せずに見ようとする物に視線(網膜の中心窩)を合わせていることで視野全体が一様に見えているように感じるだけです…

続きを読む

静止視力と動体視力

視力に静止視力と動体視力があります。平仮名やCの向きで視力を測る視力検査を殆どの人が経験していると思います。この静止状態の物がどれくらい見えるかが静止視力です…