目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

静止視力と動体視力

視力には、静止視力と動体視力があります。平仮名やCの向きで視力を測る視力検査を殆どの人が経験しているはずです。この静止状態の物がどれくらい見えるかが静止視力です。静止視力を検査する視力検査が、屈折異常による近視・遠視・乱視・老眼と診断する基本的検査になります。

静止視力に対して動く物がどれくらい見えるかが動体視力です。静止視力がよくとも動体視力がわるければ、動いている物をはっきり見ることはできません。動体視力が低下すると、今まで何気なく見ていた動くものが見極められなくなり、車を運転しているときに標識が見づらくなったり、エスカレーターにうまく乗れなくなったりします。

動体視力の低下の原因は、動体の方向や速度を予測して眼をうまく跳ばす眼球運動の能力の低下です。動体視力は個人差がありますが、15歳をピークに動体視力は低下傾向にあり、40歳を境に極端に落ちるといわれます。満70歳以上で運転免許を更新する時は動体視力の検査が義務化されているほどです。

動体視力の検査にはDVA動体視力計があります。視力検査で使うランドルト環(C)を動かして方向を見分けるものです。速いスピードで識別できるほど動体視力がよいです。5~10歳の動体視力が急速に発達する時期に動体視力を鍛えることで動体視力がより発達すると考えられます。

 - 近視遠視乱視老眼

PC用

PC用

  関連記事