目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

遠視とは

遠視とは、光の焦点が網膜よりも後ろにある状態です。近くの物も遠くの物も見えにくく、無理にピント合わせするために目が疲れやすいのが特徴です。早く老眼になりやすいといわれています。

遠視では眼球内の前房が浅くなって隅角が狭くなるために、緑内障発作を伴う閉塞隅角緑内障になりやく、閉塞隅角緑内障は中年以降の女性に発症しやすいといわれています。

遠視には、近視と同様に屈折性遠視と軸性遠視があります。屈折性遠視は、角膜や水晶体の光屈折率が弱かったり眼軸長が短いために、網膜の後に焦点が結ばれる屈折異常です。近視とは逆の状態です。遠視の度合いが軽く若い人であれば、調節機能により網膜上に焦点を結ぶことができますが、常に毛様筋を緊張させているために目が疲れやすく、調節機能がうまくは働かなければ物がぼやけて見えてしまいます。眼鏡やコンタクトレンズなどで矯正できます。

視力検査の結果が正視でも遠視が隠れていることがあります。無意識に調節機能が働くために自覚がなかったり、一般的な視力検査の結果に現われない遠視を潜伏遠視と呼びます。一般的に潜伏遠視は加齢により調節機能が低下することで遠視が現れてきます。この潜伏遠視は調節麻痺剤を使用することで測定ができます。

 - 近視遠視乱視老眼

PC用

PC用

  関連記事