目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

乱視とは

いわゆる乱視とは、角膜の歪みにより目のピントが合う距離が縦方向と横方向で異なるために、物の輪郭がだぶって見えたり歪んで見える状態です。これを正乱視と呼びます。一般的に乱視といった場合は正乱視を指します。稀に角膜ではなく水晶体の歪みや角膜の変性による乱視があります。これを不正乱視と呼びます。

正乱視では、角膜の縦方向と横方向のカーブが均一でなく光の焦点は二つに分かれてしまい、物が二重に見えたり視力が悪いなどの症状があります。乱視に近視や遠視が重なっている場合もあります。正乱視は眼鏡やコンタクトレンズで矯正できます。

不正乱視では、角膜のカーブが不規則に変化(変性)することで焦点がどこにも結ばれない状態です。円錐角膜や角膜潰瘍などが原因で引き起こされます。円錐角膜は軽い乱視から始まるといわれています。円錐角膜は角膜の変性によるもので、思春期に発症し30歳ころまで進行して落ち着くようで、人種に関係なく女性に多い目の病気といわれています。円錐角膜の原因ははっきりしていません。
不正乱視は眼鏡での矯正はできず、特殊な治療用ハードコンタクトレンズを使用することになります。乱視矯正が不十分だったりコンタクトレンズ使用が出来ない場合は、レーザー手術や角膜移植の治療が検討されます。

 - 近視遠視乱視老眼

PC用

PC用

  関連記事