目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

近視とは

近視とは、光が網膜より前で焦点を結んでしまう状態です。近くのものは見えても遠くが見えにくくなります。初期は調節緊張(仮性近視・偽近視)とよばれ、点眼薬や遠くを見るなどの視力回復トレーニングで改善されます。

近視が強くなるほど網膜剥離が起きやすいことが知られています。水晶体の形状により網膜が剥がれやすく、飛蚊症や光視症の症状がでやすいです。これらの症状が急激に現われたりひどくなったりしたら眼科を受診してください。

屈折性近視と軸性近視があります。近視の多くが屈折性近視です。目に入ってくる光の屈折率が強く網膜の手前で焦点を結ぶため、遠くがぼやけて見える状態です。水晶体を収縮させる毛様体の緊張が続き、水晶体が厚いままになっているため、屈折異常が起きます。長時間近い物を見続けるため毛様体の緊張が解けない状態が続いた結果と考えられます。

屈折性近視は年月とともに進行して20歳前半頃に進行は止まるといわれていますが、パソコンやテレビゲームなど近くを見る生活習慣や環境によって、成人になってからも進むことがあるようです。屈折性近視は眼鏡やコンタクトレンズなどで矯正できます。
近視に似た状態をかつては仮性近視と呼んでいましたが、現在は調節緊張(調節痙攣)と呼びます。この段階であれば、近いものを見続けないようにするなど日頃の目の使い方の改善、視力回復トレーニング、点眼などで直ります。近視になる前に対処して近視にならないことが大切になります。

軸性近視は、眼軸(角膜から網膜までの距離)が長いために網膜より手前に焦点を結ぶ近視です。若い時期に始まり一生を通して徐々に進行してていきます。軸性近視は遺伝傾向があります。

近視度数と視力の関係

一般的なランドル環を使う視力検査では近視などの屈折異常を測定するには不十分で、近視の程度は近視度数という数値で表します。

数値がマイナス方向に大きくなるほど強い近視となります。逆に数値がプラス方向に大きくなるほど強い遠視となります。

  • 近視度数0Dは、視力1.0~1.2
  • 近視度数-1Dは、視力0.5程度
  • 近視度数-2Dは、視力0.1程度
  • 近視度数-2Dよりマイナス値が大きいと視力0.1以下

 - 近視遠視乱視老眼

PC用

PC用

  関連記事