目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

老眼(老視)とは

老眼(老視)とは、加齢により水晶体の厚みを調節する毛様体筋の柔軟性や水晶体そのものの弾力が衰えるため、ピント合わせが上手くできなくなった状態です。近視・乱視・遠視は屈折異常ですが、老眼(老視)は調節異常です。殆どの人が老眼(老視)になります。近視の人も老眼(老視)になります。

細かい字が見えにくい、暗いと字を読みにくい、夕方から字が読みにくくなるなど老眼の自覚症状が現われるのは40歳を過ぎた頃からで、65歳頃まで進行するといわれています。近視眼でも老眼になりますが老眼を自覚しにくく、遠視眼はもともと遠くも近くも見る力が低い眼のため比較的若い年齢から自覚することが多いといわれています。

老眼では、近くのものを見るときに遠視と同じ状態になります。この場合は遠視と同じ眼鏡で視力を矯正できます。屈折力の調整範囲が狭くなるために遠近両用のレンズが必要になることがありますし、進行に合わせてレンズを変更する必要があります。

老眼鏡を使用したとしても老眼が進むわけではありませんから、自覚症状が現われて目が疲れるようなら老眼鏡を使用しましょう。注目のレーシック治療(レーザー屈折矯正手術)は老眼には適していないようです。ですが、他の治療で改善されるともいわれています。年だからと諦めることはありません。

 - 近視遠視乱視老眼

PC用

PC用

  関連記事