目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

コンタクトレンズと目の病気

眼科医の処方に沿ったコンタクトレンズを使用してますか?ネット通販や激安販売サイトなどで価格・性能を比較して購入していませんか?
眼科医の診察を受けずに購入をしたり、不適切な装用、日頃のアイケアやコンタクトレンズのケアを軽視した結果、目の病気や視力障害などの進行に気づかないことがあります。

コンタクトレンズによる目の病気

コンタクトレンズの装用で角膜への酸素供給が減少したり角膜に傷がついたり細菌感染などによる目の病気・視力障害があります。角膜上皮障害がコンタクトレンズによる目の病気で最も多いです。

  • 角膜上皮障害
  • 角膜浸潤潰瘍
  • 角膜浮腫
  • 角膜血管新生
  • 角膜内皮障害
  • 結膜炎

コンタクトレンズの正しい使い方

  • 眼科医の処方による目に合ったコンタクトレンズを使用し、定期的に眼検診をうけます。
  • 無理な装用をしてはけません。異常を感じたらコンタクトレンズの装用をやめて眼科の受診をするなどしてください。
  • 汚れていたり化粧品のついた手でレンズに触れないようにします。
  • こすり洗いをします。
  • レンズケースは清潔に保ちます。
  • レンズを保存するときは保存液を使用します。(水道水を使ってはいけません)
  • 交換期限を過ぎたレンズは使用してはいけません。
  • レンズをつけたまま眠るのはいけません。
  • レンズの貸し借りは禁物です。
  • 目薬の使いすぎは避けます。

 - 視力回復矯正方法

PC用

PC用

  関連記事