目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

レーシック治療とは

レーシック(LASIK)治療とはレーザー屈折矯正手術のことです。レーシック(LASIK)は屈折異常である近視・遠視・乱視の視力回復を目的とした治療方法です。レーシック治療(LASIK)は、厚生労働省に認可されて以来、急速に普及している視力回復方法です。レーシック手術でメガネやコンタクトレンズの煩わしさから開放されることや手術時間が短いことがその理由と考えられます。スポーツをする人やアレルギーなどでコンタクトレンズ装用ができない人は視力回復方法としてのレーシックを検討するのも良いでしょう。

レーシック治療で失敗しないように病院選びはもちろんのこと、医師のの説明を十分に聞いて納得した上で手術にのぞむことが大切です。視力回復・矯正方法には、レーシックの他に、眼鏡・コンタクトレンズ・オルソケラトロジー・ICL手術があります。それぞれ長所短所があります。自分の目に合ったもので、ライフスタイルを考慮した視力回復・矯正方法を選択することが大切です。

レーシック(LASIK)による視力回復が適していると考えられる人

  • アレルギーなどでコンタクトレンズ装用ができない
  • 長時間のパソコン作業や細かい作業で、メガネやコンタクトレンズによるドライアイ・眼精疲労・頭痛・肩こりで悩んでいる
  • 左右の視力の差が大きく、生活に不便を感じている
  • 職業上、メガネやコンタクトレンズでは差し障りがある
  • スポーツが趣味でメガネやコンタクトレンズが邪魔と感じている

 - 視力回復レーシック

PC用

PC用

  関連記事