目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

ICL手術とは

ICL手術とは、眼球内の後房(虹彩と水晶体の間)に眼内レンズを移植して、近視・遠視・乱視による屈折異常の視力回復を目的とした後房型有水晶体眼内レンズ手術です。有水晶体後房レンズとして、2010年に承認された近視矯正用レンズに続いて、トーリックレンズ(近視と乱視を矯正するレンズ)や穴あきICL(ホールICL)の承認で、日本でも広がりをみせている視力矯正手術です。

眼内コンタクトレンズ手術とも呼ばれる、白内障手術の技術を応用したICL手術は比較的新しい医療技術です。適応ガイドラインがあり、手術を受けられるかどうかは適応検査の結果で決まります。ICL手術は、保険適応外で自由診療です。

ICL手術は、レーシックやPRKの不適応ケース(強度の近視・遠視・乱視、角膜が薄いなどの角膜形状不正など)でも手術ができる、角膜を切除しないため光学的損失がない、レンズを取り出してレンズ交換や手術前の状態に戻すことができるといったメリットのある視力矯正手術として注目されています。勿論デメリットもあります。視力回復・矯正方法には、眼鏡・コンタクトレンズ・レーシック・PRK・オルソケラトロジーなど様々です。そして、それぞれメリット・デメリットがあります。自分の目に合ったもので、ライフスタイルを考慮した視力回復・矯正方法を選びましょう。

※ICL:Implantable Collamer Lens
※眼内レンズ:Intraocular lens=IOL
※有水晶体眼内レンズ:Phakic IOL = フェイキックIOL
※Phakic(フェイキック:水晶体(英)
※Collamer(コラマー):レンズ素材。柔らかい生体適合性が高い素材で、目の中に入るとレンズ表面に膜を形成して眼内で異物として認識されにくく、曇ったりせず、長期間レンズとしての機能を保つとされています。

 - 視力回復ICL手術

PC用

PC用

  関連記事