目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

ICL手術と老眼・白内障

加齢によって殆どの人が「手元が見にくい」といった老眼(老視)になります。老眼(老視)は水晶体の厚みを調節する毛様体筋の柔軟性や水晶体自体の弾力が衰えたりしてピント合わせが難しくなる調節異常です。老眼(老視)は40歳ころから始まります。

老眼(老視)を自覚している人がICL手術で近視矯正をして遠くがよく見えるようにすると、老眼(老視)のために近くが見えにくい状態になってしまいます。この場合は近くのものを見るときは老眼鏡が必要になります。この点では、同じ屈折度矯正手術であるレーシックも全く同じです。

ICL手術後に重度の白内障になったときには、眼の中に入っている有水晶体眼内レンズを取り出して、白内障用の眼内レンズを眼の中に入れる白内障手術をすることになります。60歳代では半数以上の人に白内障の症状がみられ、白内障即ち老人性白内障といわれるほどに多いのが加齢による白内障です。いったん混濁した水晶体は元の透明には戻りません。軽度の白内障であれば点眼薬などで治療しますが、進行すると手術をすることになります。手術には水晶体超音波乳化吸引術と眼内レンズ挿入術があります。

※近視・遠視・乱視は屈折異常です。

 - 視力回復ICL手術

PC用

PC用

  関連記事