目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

視力回復方法の選び方

視力回復の方法に、視力回復トレーニング、メガネやコンタクトレンズによる視力矯正、レーシックやICLなどによる視力矯正手術があります。
視力回復トレーニングの長所は、なんといっても目の病気やケガなどの物理的なリスクが低いことです。短所は、継続しなければ視力回復が望めず、生活習慣の改善も必要で、乱視の矯正ができないことです。

視力回復トレーニングの費用は、基本的に視力表や本の購入などの費用だけですが、超音波治療器などの機器の使用や視力回復センターを利用する場合は、それなりに費用が発生します。
裸眼での生活は誰もが願うことです。それに対応するのが、視力回復トレーニングと視力矯正手術です。どちらを選択するかは、医師と相談することも含めて情報を集め、年齢や目の状態やライフスタイルを考えて決めるのが良いです。特に子供の場合は、視力低下が進行する前に対処することが大切です。

視力回復センターとは

視力回復のためのトレーニングを中心に行うところです。視力回復センターは医療施設ではありませんから、トレーニングによる視力回復が見込めるかどうかがチェックされ、視力回復センターで対応できない場合は専門医を受診するようすすめられることもあるようです。

視力回復センターでは薬や手術に頼らない目の自然治癒力を活用します。時間はかかりますが安全といえます。だだし、視力回復センターにかかる費用は安いとはいえませんし、外部情報の80%以上を目から得るともいわれるほど大切な目と視力にかかわるものです。視力回復センター選びは慎重に行う必要があります。

視力回復センターでのトレーニングは、主に視力回復センターへ通うことと、自宅で購入した器具での視力回復トレーニングになります。多くの視力回復センターで無料体験がありますから、視力低下に悩んでいるなら相談してみるのもよいでしょう。視力回復トレーニングは年齢が若いほど効果的といわれています。

 - 視力回復トレーニング

PC用

PC用

  関連記事