目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

視力回復トレーニング方法

簡単にできる視力回復トレーニングをご紹介します。疲れ目は視力低下のサインです。休憩時間を作って目の体操をしてください。目の体操で目の筋肉のコリをほぐして視力回復につなげましょう。

遠くを見るときは看板などの文字や輪郭を「ハッキリ見たい」と強く思ってください。そして、近くを見るときは寄り目になるくらい近くを見るようにすると良い運動になるといわれています。

手軽にできる簡単視力回復トレーニング

目の体操
目を1度ギュッと閉じてパッと開けます⇒顔は動かさず、目線だけを右左に動かします⇒顔は動かさず、目線だけを上下に動かします。これを1セットとして、目が疲れたと感じたら2~3回行います。
この目の体操は、眼の周りにある外眼筋を動かして眼筋のコリをほぐすことで、目の疲れを回復させて血流を良くする効果が期待されます。

遠くを見る
30cm~1m先にある物に焦点を合わせて10~20秒じっと見ます⇒遠くの1点を約5分見ます。これを繰り返します。
この遠⇒近⇒遠に焦点を合わせる目の運動は、毛様体が水晶体を薄く⇒厚く⇒薄くする運動になります。遠くを見つづけるのも効果があるようですが、遠⇒近⇒遠を繰り返して見る運動の方がより高い効果が期待できるといわれています。

木を見る
木の表面がよく見える位置まで近づいてジッと見ます⇒少し離れてしばらく木を見ます。これを繰り返します。

 - 視力回復トレーニング

PC用

PC用

  関連記事