目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

視力回復トレーニングの基本

視力回復トレーニングは、眼筋ストレッチと眼球運動が基本です。目の周りの毛様体筋などの筋肉の緊張や衰えが視力低下に影響していることが多いです。視力回復トレーニングは、視力回復運動の基本中の基本といえる遠⇒近⇒遠を見るトレーニングと、眼筋を鍛える運動により視力回復をして裸眼生活を目指します。視力回復トレーニングは年齢が若いほど効果的といわれています。

水晶体の厚さを調整する毛様体筋は不随筋ですから、自分の意識で動かすことができません。そのため随意筋である眼筋を鍛えます。随意筋である眼筋を動かせば自然に毛葉体筋も動くはずで、眼球を動かせば眼筋が鍛えられるだけでなくその周りの筋肉や眼を活性化させると考えられます。

視力回復センターや視力回復機器などを利用するほか、費用をそれ程かけずにすむ視力回復トレーニングに、3Dやピンホールアイマスクなどがあります。日頃のアイケアも大切で、視力回復トレーニングに併せて行うのが視力回復に効果的です。

※視力回復トレーニングをする場合は、近視が治るわけではないけれど視力は改善すると考えるのが良いようです。目の健康体操と捉えてもよいでしょう。近視・乱視・遠視を放っておくと脳に鮮明な像の情報が伝わらないため情報処理能力の低下や集中力なくなることがあります。
裸眼視力で日常生活に差し障りがある場合は、最適なメガネやコンタクトレンズで矯正視力を得ることが必要です。その上で、視力回復トレーニングを行いましょう。

 - 視力回復トレーニング

PC用

PC用

  関連記事