目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

眼科の病院選び

眼科は、精密な器官である目を扱う科目です。眼科の選び方は、急に目が見えなくなったり外傷など緊急の場合を除いて、基本的に最寄の眼科医の受診をします。日本眼科学会専門医師制度があり、学会の指定病院で5年以上の研修と試験に合格した医師を眼科専門医として認定しています。
最寄の眼科医が認定された眼科専門医であれば信頼に足る医師といえます。特に乳幼児や子供の場合は、かかりつけの眼科医を持つのがよいです。患者の話をきちんと聞いてくれて丁寧に検査し説明をしてくれるところがよい眼科といえます。

医師との信頼関係を築くことが早く病気を治すことにつながります。気に入らないからといってすぐ病院をかえたりするのは避けましょう。同じ検査を繰り返したり、症状の説明も面倒になったりして医師に十分な情報が伝わらならず良好な治療結果を得る妨げになることもあります。

より詳しい検査や手術が必要なときや、症状が改善しないときには、紹介状を持って大学病院や大きな総合病院の受診をすることもあります。大病院にこだわる人も見受けますが、大病院は待ち時間が長かったり遠方にあったりと不便なこともあります。安易な自己判断は禁物ですが、症状が軽ければ通院しやすい眼科の受診をおすすめします。目の症状や程度によって必要ならば紹介状を書いてくれるはずです。

初めて眼科の受診をする場合は、眼科専門医のいる病院を調べた後の受診をおすすめします。目以外の糖尿病・高血圧・動脈硬化などほかの体の病気がある場合は、眼科と他の専門治療科目のある総合的な治療が期待される病院が良いと考えられます。

 - 眼科の選び方

PC用

PC用

  関連記事