目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

目薬の正しい差し方

目薬の差し方はどうしていますか?正しい目薬の使い方で効果が発揮されます。目薬の常習的な使用や、症状に合わない目薬の使用など目薬の差し方を誤ると逆効果になることがありますから注意しましょう。市販の目薬を使用する際は添付説明・注意書きを読みましょう。

目薬の正しい差し方

目と目薬を清潔に保ちます

○目薬をさす前に石鹸で手指を洗います。

○目薬の容器のさし口が目に触れないようにします。
目の中や周囲の雑菌・眼脂・ほこりなどが容器内に逆流して、容器内の目薬の効果が低下するだけでなく汚染してしまう恐れがあります。

○目薬を貸し借りするのは絶対にやめましょう。
ウイルス性や細菌性の結膜炎などが感染する危険性があります。

2種類以上の目薬を使う時の注意
目薬を使用の間隔を5分以上あけます。目薬が眼に吸収されたり涙と一緒に流れ出るのに必要な時間は5分間といわれています。連続して点眼薬を使用すると、先に点眼された点眼薬が後で点眼された点眼薬で洗い流されてしまうため薬の効果が弱くなります。
目薬には点眼薬と眼軟膏があります。点眼薬と眼軟膏を使用するときは、点眼薬を点眼し、5分以上間隔をあけてから眼軟膏をつけるのがお互いの薬の効き目を落とさないといわれています。眼軟膏には目の中に入れる点入と目周囲の患部に塗る塗布があり、どちらも疎水性で、少しずつ薬剤が溶けて効果を持続させるのが特徴です。

医師の処方による目薬
医師が指示する目薬の差し方を守って目薬を使用することが大切です。治療が完了したら治療用目薬はすてます。早く治したいばかりに指示よりも多く目薬を使用すると、充血などの副作用を引き起こしたりしますから、必ず医師の指示に従って目薬を使ってください。

 - 目薬の差し方

PC用

PC用

  関連記事