目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

目薬の使用期限と保管

目薬の使用期限を守り、正しい保管方法で目薬の本来の効果を保持し、くれぐれも目薬が感染元にならないようにしてください。

目薬の使用期限を守ります。
市販目薬に表示されている使用期限は開封していない場合の期限です。一度も開けていない目薬でも長い期間保管してた場合は、使用期限が過ぎている場合があります。必ず使用期限を確認してから使用します。
使用法や保存法を守っていれば目薬の開封後1ヶ月は使えるようです。

目薬を適切に保管します。
目薬をさした後は、キャップをしっかりと閉じて袋に入れて不潔にならないようにします。直射日光を避け、なるべく涼しい場所に保管します。「冷暗所保存」となっているものは冷蔵庫にしまうのが良いです。

目薬を貸したり借りたりしてはいけません。
貸し借りした相手が、感染するような目の病気を持っているかもしれませんし、どの様な使い方をしているかわかりません。たとえ家族であっても貸し借り(共有)は止めましょう。

 - 目薬の差し方

PC用

PC用

  関連記事