目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

紫外線による目の病気

紫外線が原因のひとつとも言われる目の病気に、角膜炎(雪目)・翼状片・白内障・加齢性黄斑変性症などがあります。紫外線は皮膚の日焼けだけでなく、目の病気の原因になります。紫外線の多くは角膜で吸収されるのですが、目の奥の水晶体や網膜にまで達する波長の紫外線があります。この紫外線が水晶体や網膜にダメージを与えることで、目の老化を進ませたり眼病を誘発するとされてます。

紫外線の量は季節や時間帯で違います。適切な紫外線対策で目を守りましょう。

紫外線による角膜炎(雪目)

海水浴などで炎天下で長い間裸眼でいたり、スキーなどでサングラスやゴーグルをしないでいたりした結果の雪目など、紫外線が原因で角膜に炎症が起きた結果、目が痛み、目がショボショボして涙が止まらなくなります。

紫外線による白内障・加齢性黄斑変性症

水晶体や網膜に達する長い波長の紫外線が、水晶体や網膜を少しずつ傷つけることで、水晶体では白内障、網膜の黄斑では加齢性黄斑変性症を引き起こします。年月をかけて徐々に紫外線が影響を及ぼすため、中高年ころから白内障・加齢性黄斑変性症を発症するケースが増えます。屋外で過ごすことの多い人ほど紫外線にさらされますから、白内障や加齢性黄斑変性症を発症しやすいといえます。

紫外線の特徴

紫外線の量は季節や時間帯により異なります。1年のうち紫外線の量が多いのは太陽が地球に近づく4月~9月、紫外線の量が多い時間帯は午前11時~午後2時(正午がピーク)です。紫外線は雲の影響を大きく受けますから、冬の晴れた日の方が夏の曇りの日よりも紫外線の量は多くなるといえます。また、紫外線は空気中の酸素分子で遮られる特性があるため、空気が薄い山の上の方が紫外線量が多いといえます。

紫外線の特徴として、紫外線は地表で反射することがあげられます。雪や砂は紫外線を反射しやすいのです。裸眼でのスキーや海水浴では、この反射された紫外線が加わりますから、雪目などの角膜炎を引き起こしたり白内障などの目の病気の原因をつくることになります。

サングラスなどで目を守るのも大切ですが、日焼けで痛んだ目をアイスパックでケアしたり、痛んだ目の粘膜を保護したり充血を抑えたりする日焼け用の目薬を使ったりしてアイケアをしてください。

 - 目の紫外線対策

PC用

PC用

  関連記事