目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

目に良い栄養と食べ物

目の老化は目の部分によってさまざまな症状や目の病気として現れてきます。目の老化で代表的なものに老眼をはじめ白内障・加齢性黄斑変性症などの目の病気があります。目のアンチエイジングにはバランスの良い栄養を摂取することが欠かせません。

現代人の目は知らず知らず酷使されて疲れ眼や視力低下を招いています。目に良い栄養素のビタミンA・C・Eやミネラル(亜鉛など)を含む食べ物をしっかり摂ることが大切です。現在13種類あるビタミンは、体内で作られない、作られても不十分なため、食べ物などから摂取しなくてはなりません。

ビタミンそれぞれの性質を考慮して、効果的・効率的なビタミンの摂取のし方や調理方法を考える必要があります。また、相助作用も考えて摂取・調理することも必要です。

サプリメント(健康食品)で補充する方法もありますが、基本は食べ物・食品・食材から摂取することです。

ビタミンA

ビタミンAは目のビタミンとも呼ばれています。ビタミンAには、はじめからビタミンAとして動物性食品に含まれるレチノール、緑黄色野菜に含まれ体内に入ってからビタミンAに変わるプロビタミンAとしてのカルチン(カルテノイド)の一種のβカロテン(βカロチン)などがあります。

ビタミンAは視力低下の防止、皮膚・粘膜を健康に保ち、抗酸化作用がある栄養素です。視力低下だけでなく眼精疲労やドライアイにもビタミンAが効果的です。目の網膜にあるロドプシンの主成分がビタミンAです。不足すると、ドライアイ・夜盲症・視力低下などを引き起こします。大量摂取による過剰症がありますが、通常の食事では過剰な摂取量になる心配はありません。

ビタミンAが多い食べ物:鶏レバー、マーガリン、モロヘイヤ、ウナギの蒲焼、パセリ、人参、春菊、バター、小松菜、鶏卵、干しワカメ、ニラ、ほうれん草、プロセスチーズ、サニーレタス、赤ピーマンなど
プロビタミンAであるβ-カロテンを多く含む食べ物:モロヘイヤ、パセリ、人参、ほうれん草、春菊、小松菜、ニラ、サニーレタス、赤ピーマン、カボチャ、ブロッコリーなど

ビタミンB群

ビタミンB群はバランスよく摂取することが必要です。また、ビタミンB群の多くが体内に蓄積できませんから常に補う必要があります。

ビタミンB2は、様々な酸化還元酵素の補酵素として栄養素の代謝に関わっています。不足すると、疲れ目、眼球炎、角膜炎、など目や粘膜に影響が現れます。また、過酸化脂質の蓄積を防ぐので生活習慣病の予防になります。

ビタミンB2が多い食べ物:豚レバー、魚肉ハム、納豆、丸干しイワシ、サバ、鶏卵、ししゃも、モロヘイヤ、かれい、プロセスチーズなど

ビタミンC

ビタミンCは体内で抗酸化作用物質として重要な働きをするなど様々な働きをする重要な栄養素です。

ビタミンCが多い食べ物:柿(かき)、ネーブルオレンジ、赤ピーマン、ブロッコリー、イチゴ、小松菜、ほうれん草、モロヘイヤ、カリフラワー、レンコン、夏みかん、はっさく、ジャガイモなどの芋類、お茶の葉など

ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用と血行促進作用があります。血液循環を促進するため、栄養を運んだり不純物を流して代謝をよくしたりする上でも役立ちます。

ビタミンEを多く含む食べ物:アーモンド、モロヘイヤ、ウナギ(蒲焼)、カボチャ、赤ピーマン、アボガド、ほうれん草、キンキ、イカ、ブリ、さつま芋、サケなど

 - 目に良い食べ物

PC用

PC用

  関連記事