目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

疲れ目にブルーベリー

目の疲労回復・眼精疲労を予防や視力改善したいならブルーベリーに豊富に含まれているアントシアニンがよいといわれています。アントシアニンは、網膜にあるロドプシンの再合成を活発にして疲れ目の予防・改善、視力回復の他、抗酸化作用、血流改善作用、血管保護作用、抗炎症作用もあり、目だけでなく体にとっても有益な物質といわれています。

ブルーベリー(アントシアニン)は疲れ目や視力改善にどのように作用するのでしょう?目の中の網膜には光に反応して脳に情報を伝える視細胞があって、この中のロドプシン(たんぱく質)が分解再合成されることで光刺激を信号に変え脳に伝えることで初めて「見える」と認識します。目を酷使しつづけるとロドプシンが分解されて減少していきます。ブルーベリーに含まれるアントシアニンがロドプシンの再合成を助けることで、目の疲れや見え方を改善するとされています。

目の疲労回復・視力改善効果が注目されているブルーベリーですが、北欧の野生種であるビルベリーが最も効果があるといわれています。ブルーベリーが注目されたキッカケは、第二次世界大戦中に遡ります。ブルーベリージャムが好物の空軍パイロットが「薄明かりの中でも、ものがはっきり見えた」との報告で、ブルーベリーに関する世界的な研究が始まりました。

日本ではビルベリーが育ちにくく入手も容易ではありませんし、疲れ目の予防をブルーベリーに期待するならば、生のブルーベリーでは毎日90g以上食べなければなりません。また、ジュースやジャムでは糖分やカロリーを考えると継続して摂取するのは考え物です。これらのことからサプリメントでアントシアニンを摂取するのが良いようです。
目を酷使する環境などで、目がかすむ、目が疲れやすい、などの症状があるなら一度ブルーベリー(アントシアニン)のサプリメントを試してみてはいかがでしょう。

 - 目に良い食べ物

PC用

PC用

  関連記事